プロフィール

 

 

広河 隆一

 

フォトジャーナリスト

ビデオジャーナリスト

DAYS JAPAN 編集長


★略歴★

 

1943年 

 

 中国天津市に生まれる。2歳のとき日本に引き揚げる。

1967年

 

 早稲田大学卒業後、イスラエルに渡り、キブツで暮らす。

 第三次中東戦争に直面。

 また、第一次、第二次中東戦争の跡にも触れ、

 エルサレムで反シオニズム写真展を開催する。

 

1970年  帰国、その後もフォトジャーナリストとして中東諸国を取材。
1982年

 

 レバノン戦争とベイルートのパレスチナ人難民キャンプに

 おける虐殺事件の記録で、よみうり写真大賞受賞。

 

1983年

 同記録でIOJ世界報道写真コンテスト 大賞・金賞を受賞

 その後、フィールドは中東にとどまらず、チェルノブイリと

 スリーマイル島原発事故、その他世界各地の核汚染現場の取材、

 報告と広がる。

1989年

 

 チェルノブイリ、スリーマイル島の報告で、講談社出版文化大賞

 受賞。

 

1993年

 写真集『チェルノブイリから~ニーナ先生と子どもたち』で

 産経児童出版文化賞受賞

1998年

 

 写真集『人間の戦場』で、日本ジャーナリスト会議特別賞受賞

 

1999年

 写真集『チェルノブイリ 消えた458の村』で、

 平和・協同ジャーナリスト基金賞受賞

2001年

 

 写真集『チェルノブイリ 消えた458の村』で、さがみはら写真賞

 ノスタルギア賞受賞

 

2002年

  岩波新書『パレスチナ新版』で、早稲田ジャーナリズム大賞受賞

2003年

 

『写真記録・パレスチナ』で、土門拳賞と日本写真家協会年度賞を受賞

 日本ビジュアルジャーナリスト協会を設立

 

2004年

  3月20日(イラク戦争一周年の日)国際フォトジャーナリズム

 月刊誌『DAYS JAPAN』を創刊、編集長を務める。

2005年

 

 「国際フォトジャーナリズム大賞」を創設、以後毎年実施

 

2009年

 フォトジャーナリスト養成のために「DAYSフォトジャーナリスト学校」を創設

 2011年

 3月11日に勃発した東日本大震災後、直ちに現地に向かう途中、福島第一原子力発電所の爆発に直面。取材を重ね真相を追求する傍ら、被曝した子どもたちのために沖縄に保養施設「球美の里」を開設する。

 
 

★写真協会(JPS)会員、日本写真家協会(JPPS)会員

★取材者であると同時に、自らの取材対象を大切にする姿勢は、パレスチナやチェル 

  ノブイリの人々との深いかかわりを築き、いくつもの救援団体を立ち上げている。

最終更新日:2013年10月18日