貸出用所蔵パネル

※2013.10.1 現在写真展・絵画展としてご利用可能なものです

アフガニスタン

 

 難民キャンプの子どもたち、

 死にゆく人々、空爆の爪痕

 「反テロ戦争」から9年経った現地

 

 ※全てモノクロ

 

 2001~2002

 2012.12

アフリカ

(コンゴ共和国)

 

 何故彼らは遠い存在なのか

 先進国の価値観にふりまわされ希少金属を

 掘る人々、彼らが暮らす難民キャンプの姿・  暮らし

 

 ※全てフルカラー

 

 2010.4
イラク

 

湾岸戦争前後

2003年大義なき戦争、イラク戦争被害調査

 

 1991

 2003.2~5

 チェルノブイリと        核の大地

 

「明らかになり始めた被害」~

「事故から25年の現地」

 チェルノブイリ以外の世界の核汚染

 

 1989~2011.3

 

 1989~1994

パレスチナ

 

平和への呻吟 

1948年のNAKBA から 現在まで

 

 1967~

     東日本大震災

 

自然の脅威(地震・津波)

 

 2011.3.11

  フクシマ原発震災

 2011.3.11何が起こったのか?  2011.3~2012.3 
その他

 

それぞれの枚数は少ないですが、フィリピン、インドネシア

など、 私たちの豊かな暮らしの陰で犠牲を強いられているアジアの国々。 そして祝島、沖縄など

 

絵画パネル

 

 (A)『生きていたい!チェルノブイリの子どもたちの叫び』

  原画ほか

 (B)保養中の子どもたちが描いた作品

 

それぞれの分野毎に、すべての写真を掲載した見本カタログ(型録)を作成していますので、ご覧いただいて展示写真をお選びください。

 

また、枚数と趣旨をご指定の上、選択は事務局へお任せいただくこともできます。いずれにしろ選定は申し込み先着順になります。

 

なお、写真は、モノクロ、フルカラー混じっています。アフガニスタンは全てモノクロ、アフリカはすべてフルカラーです。

最終更新日:2013年10月18日